認印に適したはんことは

認印イメージ

認印は、実印と違って重要な取引や契約の際に使われることはなく、実印と比べてどこかラフな印象を与える。
とはいっても、認印も印鑑であることは間違いない。

実印であれば、やはりできるだけ荘厳な、格調高い材質、書体を用いて作成するのが妥当なのかもしれないが、認印はそうはいかないだろう。

では、認印のためのはんことは、どのようなものが良いのだろう。検討してみた。
まず、その材質であるが、認印は実印と違って1つだけでなく複数個作ることが好ましいため、できるだけ手ごろな値段で作りたい。
そのためにも、あまり高い素材は使えない。

そんなとき役に立つのが、手ごろな費用で作ることのできる合成樹脂である。
お世辞にも高級に見えるとはいえないその光沢が、安っぽさを加速度的に上昇させてはいるものの、認印なので贅沢はいえない。

次に書体であるが、認印は一目で誰が捺したものなのかわかるようにしなければならないため、印相体のような、じっくり見ても何が書いてあるかさっぱりわからない書体を使うのはあまりよろしくない。

ここで登場するのが、古印体という書体だ。
この書体は、説明は難しいが誰もが一度は目にしたことのある書体で、ちょっとぼやけた感じが印象的である。

これは非常に読みやすい上に、庶民的な文字であるから、認印に適している。
日常でよく使われる認印であるからこそ、はんこの書体や材質にはちょっとしたこだわりを持ちたいものである。

印鑑・はんこの激安通販【印鑑サイト.com】

職人による手仕上げの印鑑が格安で買える、はんこの激安つうはんサイト。
最短即日出荷で、お急ぎの方にもお応えいたします!

ページの先頭へ